奥深いアロマの世界をアロマスクールで学習

アロマスクールで勉強できることについて

アロマスクールではどのような事を勉強するのかについてですが、カリキュラムは学校によって多少異なるものの、必ず学ぶ部分があります。それは精油の目的や植物オイルについての基礎知識です。それぞれの精油が体にどのように作用してくれるのか、ブレンドの方法や植物油との相性など、使い方をしっかり学んでいなければサロンでお客様に施術をすることができません。
精油の中には直接お肌に塗ってはいけないものや、光にあたるとシミを作ってしまうもの、妊婦さんには使えないものなどがあります。そういった点もしっかり学びます。アロマスクールでは、アロマを配合した化粧品作りを学べます。香水や美容液、クリーム、化粧水など幅広いコスメの作り方を学べるコースもあり、自分のお肌の変化を感じながら学習できます。
精油はホルモンバランスを整えてくれたり、肌荒れを緩和させてくれるものもあります。ニキビが治りやすくなる精油もあります。これらの精油を取り入れていくとお肌が変わっていきます。アロマセラピストとして独立開業したいと考える場合は、サロンの経営の方法なども学ばなければいけません。アロマスクールとマッサージスクールが一緒になっている学校であれば、マッサージの方法も勉強できるので、アロマを色々なシーンで活かすことができます。アロマスクール、興味のある人は検索してみてください。

アロマテラピーの効果

香草、花、果物など植物の香り成分を抽出した精油(芳香油)を嗅いでリラックスしたり、気分を高めたりするアロマテラピー(アロマセラピー=芳香療法)を楽しむ人が増えています。フランスでは治療法の一つとして医師が施術します。
日本では厚生労働省の認可を受けた病気の治療ではなく、美容やファッションのひとつとして普及しています。医学的な効果についてはまだ解明されていないものが多いからです。それでも、ラベンダーの香りを嗅いでストレスが軽減したり、気持ちが落ち着いたりした経験のある人は多いのです。これは、芳香が脳への作用するからです。
鼻の奥にある嗅細胞で香りの情報を受け取ります。そして、香りの情報が嗅球に伝わります。そこから大脳辺縁系(記憶や感情に関係)に伝わり、そして、視床下部(自律神経やホルモンの調整)に伝わります。こうして、比較的短時間で体に効果(リラックス、ストレス軽減など)が現れます。専門家による脳波実験では、被験者がラベンダーの香りを嗅ぐとリラックス状態で増加するアルファ波が増えました。一方、レモンの香りでは情報処理をする時と同じ脳波の振幅が増えました。この結果は「かんきつ類の香りは脳の働きを活発にしたい時に有効」と言えます。このようなアロマテラピーのノウハウを教えてくれるのがアロマスクールなのです。

ピックアップコンテンツ

アロマの生きた知識を学びたいならアロマスクール

アロマの資格の種類 アロマスクールでは、アロマに関する資格を取得することができ、スクールによって取得す…

もっと知ろう

奥深いアロマの世界をアロマスクールで学習

アロマスクールで勉強できることについて アロマスクールではどのような事を勉強するのかについてですが、カ…

もっと知ろう

アロマスクールで学べるプロフェッショナルの知識

アロマスクールでしか取得できない資格 アロマの資格を取得する際に、独学でも取得することができる資格もあ…

もっと知ろう

アロマスクールはプロへの第一歩

優秀なセラピストを目指せるアロマスクール 現代人の心身の疲れを癒すマッサージ手技も習得できるアロマスク…

もっと知ろう