アロマの生きた知識を学びたいならアロマスクール

アロマの資格の種類

アロマスクールでは、アロマに関する資格を取得することができ、スクールによって取得することができる資格が変わってきます。資格の種類によって取得するまでの期間が変わります。アロマの資格の種類は数多くあり、自分が資格を取得してどのように生かしたいかによって、受けるコースが変わるので、スクール選びの際には自分の受けたい資格があるかどうかも重要なポイントになってきます。
アロマの資格の種類には、アロマテラピー検定、1・2級の他にも、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクターや、アロマセラピスト、アロマコーディネーター、などといった資格があり、この資格のほかにもいろいろな資格の種類があります。本格的にアロマの勉強をして働きたいと思っている人には、資格取得までに1年半から2年近くかかる資格を受ける人もいます。
アロマの資格を取得するには、独学や通信講座でも資格を取得することはできるのですが、一番早く、アロマセラピストとして活躍するためには、アロマスクールに通うことがオススメだといわれています。アロマスクールでは、資格を取得するだけではなく、アロマを仕事にするためのノウハウなども学ぶことができるのです。

アロマスクールのメリット

全国的にいろいろなところでアロマスクールが設立されていますが、どのアロマスクールも、アフターのサポートがしっかりとしていると言った点についてはすごく優れています。アロマスクールのメリットとして、いくつかあげられているのですが、その中でも代表的なものとして、仕事をしながらでも資格を取得することが出来るところにあります。スクールと言っても、自分が通うことが出来る時間を決めることが出来、計画を自分で立てることが出来るのです。
学校のように、決まった時間に授業を行うと言うわけではなく、自分のペースで勉強を行うことが出来るのはすごく魅力的です。アロマスクールでは、授業のほかにも、化粧品や香水作りなど、毎回実習を行っているので、体験をしながらアロマの魅力を体感することが出来ます。スクールによっては、少人数制でアットホームな雰囲気のところもあります。講師を独占することが出来、いろいろな質問を気軽に行うことが出来るのも魅力的です。
そしてなんといっても、資格取得後のアフターサービスも充実していることです。就職開業相談も気軽に行うことが出来るのもアロマスクールの魅力です。勝負目標にあわせた授業の種類が多いので、自分にあったスクールを探す基準としても考えられます。

アロマスクールで学べるプロフェッショナルの知識

アロマスクールでしか取得できない資格

アロマの資格を取得する際に、独学でも取得することができる資格もありますが、本格的にアロマの仕事をしたい人には、アロマスクールに通う事をオススメしています。アロマセラピストの資格を取得したい場合には、アロマスクールや通信講座で決められたカリキュラムを修了することが絶対に必要な条件とされていたりと、独自の技術の取得がかせられていたりするものがほとんどなのです。
アロマスクールに通うことは、時間や金銭面において負担が増えるかもしれませんが、通信講座やアロマスクールに通って資格を取得するほうが、長い目で見れば、アロマでの活躍への近道と言われています。アロマテラピーの知識がまったくない人が最初からスタートする場合には、独学である程度の知識をつんでおくと、スクールに通うことになったときに、自分のものとして知識を吸収しやすく、独学がだめ、スクールがだめというわけではなく、よりしっかりと知識を蓄えて、活躍したいと思っている人には、独学での勉強と、アロマスクールを上手く利用すると、活躍への近道になるのです。スクールに通う際には、資格を取得してどうしたいのかをしっかりと考えておくことがオススメです。そして、自分が求めている資格を取得できるスクールを選ぶといいでしょう。

プロのアロマセラピストを目指すなら

アロマスクールと一口に言っても、意外とアロマには種類があります。まず、自分がどこまでの知識を求めているかを考えましょう。ここでは、アロマの知識を活かして自分でアロマテラピートリートメントのサロンを開いたり、病院や介護の場でアロマを活かせる事を希望している方用のアロマスクールの内容についてご説明します。
アロマで気持ちをリラックスさせたり、安眠を促したり、身体の不調を改善するのがアロマテラピーです。アロマテラピーにも段階があり、家庭や友人達に活かせるような身近な資格がアロマテラピーです。マークシート方式の検定試験で合格すればOKです。しかし、これはアロマテラピストとは違います。アロマテラピーが香りの調合に対する知識を持っているだけなのに対し、アロマテラピストは一般の方や病人の方達に程の智識と実技力を持っています。その為に、アロマテラピー1級に合格した後、AEAJ(日本アロマ環境協会)に入会します。そして、アロマテラピーアドバイザーの資格、認定スクールに入行してアロマセラピストとしての科目を終了する必要があります。
更に、アロマセラピスト学科試験とトリートメント実技試験に合格しなければなりません。そして、最後にカルテ演習を修了して初めてアロマテラピストとして、病院等でアロマトリートメントを行ったり、自分でサロンを開くことが出来ます。その為、アロマテラピー1級合格後、AEAJに入会し、その認定校で学び、各試験に合格する必要があります。