アロマの生きた知識を学びたいならアロマスクール

アロマの資格の種類

アロマスクールでは、アロマに関する資格を取得することができ、スクールによって取得することができる資格が変わってきます。資格の種類によって取得するまでの期間が変わります。アロマの資格の種類は数多くあり、自分が資格を取得してどのように生かしたいかによって、受けるコースが変わるので、スクール選びの際には自分の受けたい資格があるかどうかも重要なポイントになってきます。
アロマの資格の種類には、アロマテラピー検定、1・2級の他にも、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクターや、アロマセラピスト、アロマコーディネーター、などといった資格があり、この資格のほかにもいろいろな資格の種類があります。本格的にアロマの勉強をして働きたいと思っている人には、資格取得までに1年半から2年近くかかる資格を受ける人もいます。
アロマの資格を取得するには、独学や通信講座でも資格を取得することはできるのですが、一番早く、アロマセラピストとして活躍するためには、アロマスクールに通うことがオススメだといわれています。アロマスクールでは、資格を取得するだけではなく、アロマを仕事にするためのノウハウなども学ぶことができるのです。

アロマスクールのメリット

全国的にいろいろなところでアロマスクールが設立されていますが、どのアロマスクールも、アフターのサポートがしっかりとしていると言った点についてはすごく優れています。アロマスクールのメリットとして、いくつかあげられているのですが、その中でも代表的なものとして、仕事をしながらでも資格を取得することが出来るところにあります。スクールと言っても、自分が通うことが出来る時間を決めることが出来、計画を自分で立てることが出来るのです。
学校のように、決まった時間に授業を行うと言うわけではなく、自分のペースで勉強を行うことが出来るのはすごく魅力的です。アロマスクールでは、授業のほかにも、化粧品や香水作りなど、毎回実習を行っているので、体験をしながらアロマの魅力を体感することが出来ます。スクールによっては、少人数制でアットホームな雰囲気のところもあります。講師を独占することが出来、いろいろな質問を気軽に行うことが出来るのも魅力的です。
そしてなんといっても、資格取得後のアフターサービスも充実していることです。就職開業相談も気軽に行うことが出来るのもアロマスクールの魅力です。勝負目標にあわせた授業の種類が多いので、自分にあったスクールを探す基準としても考えられます。

奥深いアロマの世界をアロマスクールで学習

アロマスクールで勉強できることについて

アロマスクールではどのような事を勉強するのかについてですが、カリキュラムは学校によって多少異なるものの、必ず学ぶ部分があります。それは精油の目的や植物オイルについての基礎知識です。それぞれの精油が体にどのように作用してくれるのか、ブレンドの方法や植物油との相性など、使い方をしっかり学んでいなければサロンでお客様に施術をすることができません。
精油の中には直接お肌に塗ってはいけないものや、光にあたるとシミを作ってしまうもの、妊婦さんには使えないものなどがあります。そういった点もしっかり学びます。アロマスクールでは、アロマを配合した化粧品作りを学べます。香水や美容液、クリーム、化粧水など幅広いコスメの作り方を学べるコースもあり、自分のお肌の変化を感じながら学習できます。
精油はホルモンバランスを整えてくれたり、肌荒れを緩和させてくれるものもあります。ニキビが治りやすくなる精油もあります。これらの精油を取り入れていくとお肌が変わっていきます。アロマセラピストとして独立開業したいと考える場合は、サロンの経営の方法なども学ばなければいけません。アロマスクールとマッサージスクールが一緒になっている学校であれば、マッサージの方法も勉強できるので、アロマを色々なシーンで活かすことができます。アロマスクール、興味のある人は検索してみてください。

アロマテラピーの効果

香草、花、果物など植物の香り成分を抽出した精油(芳香油)を嗅いでリラックスしたり、気分を高めたりするアロマテラピー(アロマセラピー=芳香療法)を楽しむ人が増えています。フランスでは治療法の一つとして医師が施術します。
日本では厚生労働省の認可を受けた病気の治療ではなく、美容やファッションのひとつとして普及しています。医学的な効果についてはまだ解明されていないものが多いからです。それでも、ラベンダーの香りを嗅いでストレスが軽減したり、気持ちが落ち着いたりした経験のある人は多いのです。これは、芳香が脳への作用するからです。
鼻の奥にある嗅細胞で香りの情報を受け取ります。そして、香りの情報が嗅球に伝わります。そこから大脳辺縁系(記憶や感情に関係)に伝わり、そして、視床下部(自律神経やホルモンの調整)に伝わります。こうして、比較的短時間で体に効果(リラックス、ストレス軽減など)が現れます。専門家による脳波実験では、被験者がラベンダーの香りを嗅ぐとリラックス状態で増加するアルファ波が増えました。一方、レモンの香りでは情報処理をする時と同じ脳波の振幅が増えました。この結果は「かんきつ類の香りは脳の働きを活発にしたい時に有効」と言えます。このようなアロマテラピーのノウハウを教えてくれるのがアロマスクールなのです。

アロマスクールで学べるプロフェッショナルの知識

アロマスクールでしか取得できない資格

アロマの資格を取得する際に、独学でも取得することができる資格もありますが、本格的にアロマの仕事をしたい人には、アロマスクールに通う事をオススメしています。アロマセラピストの資格を取得したい場合には、アロマスクールや通信講座で決められたカリキュラムを修了することが絶対に必要な条件とされていたりと、独自の技術の取得がかせられていたりするものがほとんどなのです。
アロマスクールに通うことは、時間や金銭面において負担が増えるかもしれませんが、通信講座やアロマスクールに通って資格を取得するほうが、長い目で見れば、アロマでの活躍への近道と言われています。アロマテラピーの知識がまったくない人が最初からスタートする場合には、独学である程度の知識をつんでおくと、スクールに通うことになったときに、自分のものとして知識を吸収しやすく、独学がだめ、スクールがだめというわけではなく、よりしっかりと知識を蓄えて、活躍したいと思っている人には、独学での勉強と、アロマスクールを上手く利用すると、活躍への近道になるのです。スクールに通う際には、資格を取得してどうしたいのかをしっかりと考えておくことがオススメです。そして、自分が求めている資格を取得できるスクールを選ぶといいでしょう。

プロのアロマセラピストを目指すなら

アロマスクールと一口に言っても、意外とアロマには種類があります。まず、自分がどこまでの知識を求めているかを考えましょう。ここでは、アロマの知識を活かして自分でアロマテラピートリートメントのサロンを開いたり、病院や介護の場でアロマを活かせる事を希望している方用のアロマスクールの内容についてご説明します。
アロマで気持ちをリラックスさせたり、安眠を促したり、身体の不調を改善するのがアロマテラピーです。アロマテラピーにも段階があり、家庭や友人達に活かせるような身近な資格がアロマテラピーです。マークシート方式の検定試験で合格すればOKです。しかし、これはアロマテラピストとは違います。アロマテラピーが香りの調合に対する知識を持っているだけなのに対し、アロマテラピストは一般の方や病人の方達に程の智識と実技力を持っています。その為に、アロマテラピー1級に合格した後、AEAJ(日本アロマ環境協会)に入会します。そして、アロマテラピーアドバイザーの資格、認定スクールに入行してアロマセラピストとしての科目を終了する必要があります。
更に、アロマセラピスト学科試験とトリートメント実技試験に合格しなければなりません。そして、最後にカルテ演習を修了して初めてアロマテラピストとして、病院等でアロマトリートメントを行ったり、自分でサロンを開くことが出来ます。その為、アロマテラピー1級合格後、AEAJに入会し、その認定校で学び、各試験に合格する必要があります。

アロマスクールはプロへの第一歩

優秀なセラピストを目指せるアロマスクール

現代人の心身の疲れを癒すマッサージ手技も習得できるアロマスクールは、独学では難しいリフレクソロジーや接遇マナーなどもキメ細かく学べるので、より高いスキルを磨けるメリットがあります。又、優秀なセラピストを養成するための精度の高いカリキュラムがアロマスクールでは多数用意されており、能力別に応じた資格試験も安く受けられます。しかもアロマスクールの中には卒業後の就職を援助する相談窓口を併設している所もあり、夢の個人開業のために大手エステや一流ホテルのサロンで経験を積みたい人を積極的に応援してくれるシステムも揃っています。
アロマスクールは、毎日通うクラス制の専門学校や元セラピストが自宅で教室を開設する小規模な個人レッスンの2通りに分かれているケースが多いです。クラス制の専門学校は同じ志を持った人と一緒に刺激し合いながら学べますし、週5日毎日通うのが義務化されているので、本格的にアロマの勉強だけに集中しやすいメリットがあります。
対して個人レッスンの場合は、別に仕事を持っていても趣味感覚で気軽に通いやすく、ライフスタイルに応じて時間を適宜調節して好きな日に自由に通えるメリットが第一に挙げられます。ちなみにアロマスクールで学べる生徒の年齢層は何も若い人に限らず、中高年の人にも門戸を広げてますから、幾つでも興味を持ったら気軽に資料請求してみるのがいいでしょう。

好きが仕事に?アロマセラピストになろう!

アロマセラピストとはアロマと呼ばれる精油を用いて人を癒す仕事。既存のサロンに就職するだけではなく、自宅サロンを開いて自分の好きな時間に施術したり、医療や介護の現場で生かしたりと、これからの可能性が広がっている仕事の一つです。
人気上昇中の職業ですが、精油の知識や効能、トリートメントの技術などの習得が必須です。サロンで働きながら得る人もいますが、スクールに通う方が多いのではないでしょうか。アロマセラピストと一言で言っても資格は様々で、スクールによって取得できる資格や技能は異なります。もちろん受講期間や値段も違います。スクールを選ぶのには情報収集が欠かせません。幸いなことに今は、ネット上にアロマスクールの比較検討サイトや取れる資格の比較サイトなどがたくさんあり、有用な情報を比較的容易に得ることができるのでどんどん活用しちゃいましょう。
候補が絞り込めて来たら、実際にスクールに足を運んでみるのをおススメします。現場の空気や、生徒さん達の雰囲気などが好きかどうかというのが意外と大切だったりします。たいていのスクールには無料体験レッスンがありますから、それを利用して自分の感覚を確かめてみてはいかがでしょうか?